スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年前の賃貸募集の履歴が・・・(笑)

  • 2016/06/25(土)

現在、うちの新築の賃貸募集、まだ大募集中(苦笑)なのですが、面白いことがあったので書いてみます。

東京の西部を中心に不動産賃貸客付け店を直営でも20数店舗、それなりに広く展開している会社が、私の自宅マンションに平日に3回位訪問している。当然、平日は会社に行っており不在。オートロックなので、共用マンションの入口でインターフォンを鳴らしている姿を録画で確認。

郵送でも、サブリースのお勧めの資料を送ってきている。たまたま、土日に在宅しているときに、営業マンがインターフォンを鳴らしたので、インターフォン越しに話を少しだけした。管理会社が入っていることはレインズを見ればわかるでしょう・・・・という話をしていたところで、インターフォンの画面が時間経過でシャットダウン。もう少し話をしてもいいかなと思っていたけど、その後、営業マンの携帯に電話をしても、非通知でかけても出なかったので、そのままになった。

それから、1週間後ぐらいだったか、

とにかく日にちを開けずに、今度は女性の人が電話をしてきた。

この会社はすでにサブリースの書類を2回送ってきていた。それで、同じような話を始めようとしていて、「同じ棟の中で、普通に客付けして管理をお願いしている部屋と、サブリースの部屋とを共存させることもできます。一部屋からでもできます。」という話があり、うちはすでに数部屋は普通に貸しているので、この会社、どうやって対応しようとしているのか???? 変な話だと思っていたら、

「・・・・お客様の世田谷区の●●●●のお部屋は、そうは言っても、1部屋だけの区分ですから、そのようなことはできないですね」という説明になった。

「えええええ!!!!! (爆笑して、自分は笑いがしばらく、止まりませんでした)  あの世田谷の部屋の件で書類を送っていたのです? 世田谷の部屋は20数年前にすでに売ってしまった物件ですよ。 数日前にお宅の営業マンの××さんが来ていたけど、その方はご存知じゃありませんか? そんなに大きな会社でもないのに(失礼)、全く横のつながりもないのですね。貴女は既に売却済みの物件の物件確認を20年以上経ってもしていたのですか? 」という話になり、あまりにも古すぎる話で笑いが止まらなかった。

一生懸命、全社ネットワーク化して、きちんとサブリース管理などもやってます!という歌い文句とは裏腹に、20数年前の情報を確認もせずに、データだけ保管して、延々とフォローしていたとはあまりにお粗末すぎます。

確かに20数年前に、元親の所有するマンションが狭かったので、自分でマンションを買って引っ越して、その元自宅を1年間位かけて賃貸募集をかけていたのが、この某社なのです。当時は全く不動産賃貸がなんたるかもわからず、駅からは徒歩17分、ちょっと中途半端な場所で、賃貸しずらかったのは事実。募集をかけていたのも、この会社だけか、もう一社ぐらい。結局、想定の値段で貸せなかったので、1年後に売却して、別の渋谷区の駅近のマンションに、今度は明確に不動産投資としてマンションを購入したのが当家の不動産投資の始まり。

だから、この会社がある意味、客付けできなかったからこそ、今のうちがあるのかな・・・と思うと、ある意味笑えるような、感謝するような? あのまま世田谷だけど、いまいちな場所を所有する羽目にならずに済んだのは、この某社のお蔭?

それにしても、顧客管理が甘いので、これはダメですね・・・・。これでは、真剣に?狙っている営業マンがいるアパート一棟のサブリースの話に完全に水を差した形になり、それ以降、営業マンはうちには電話も、訪問もなくなりました。さすがに、かっこ悪すぎですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。