スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス磨きというけれども・・・

  • 2014/04/16(水)

超築古の戸建ならではの苦労を一つご紹介。

室内に2箇所(合計6枚)ガラスの引き戸がある。古臭いと言えば古臭いが、レトロ調で味があると言えばある。若い人にはかえって新鮮かも? そんなわけで、これを生かす方向で綺麗に磨くことにした。ハウスクリーニングは今回頼んでいないので、ガラス磨きを行ったのだが・・・・・ 1枚1枚の全てが縁の方が全部白っぽくなっていて、とっても汚いし、見苦しい。

それが、大変だったのなんの!!! 窓の格子一つ一つを何度磨いたことだろうか。普通の水拭きから始まって、ガラスマイペット、それでだめなので古新聞作戦、流行の重曹パック、クエン酸磨き、それぞれの薬剤湿布作戦、クレンザー作戦・・・

思いつくこと全てをやってゴシゴシ擦ったり、しばらく時間を置いてとかいろいろやったけどダメだった。一番目立つ場所の部屋だし、何回も何日もやっても効果がないので絶望的だった。。。。。

そして、最後にヤケ気味に、「洗剤も使わないで綺麗になるはずないけど・・・」と思いながらも、メラミンスポンジに水をつけて擦ってみたら、な・な・・・んと、綺麗になりました! 落ちるわ落ちるわ・・・。古いガラスは片面が全て細かい模様やすりガラスになっていて、そこに長年蓄積された汚れというのか、恐らく洗剤カスみたいなものが蓄積されて白くなっていたものが、やっとやっと落とすことができました!!! 4枚もあって、それに費やした時間は恐ろしく言えない トホホ~~~  

※メラミンスポンジは100円ショップで激落ちとかそんなような名前で売っている「洗剤なしで汚れが落ちる」がウリの商品。油汚れにはとっても効果的という印象でしたが、まさか窓のしつこい汚れに効くとは。

ガラス写真1  汚れた状態  (写真は3枚ともクリックで拡大)


写真3    なんとか見れる状態にしたもの

また、もう2枚は少し模様が違うものの、全体が見苦しいほどの木の色が薄茶けていた。そしてガラス面はやっぱり白いしつこい汚れ。これはかなり塗料を塗って、ガラスもメラミンスポンジで磨いてなんとか見栄えがよくなりました。

写真2  左が塗装前、右が塗装した後  (マスキングテープを右はまだ貼っております)

リフォーム工事の納期がとっても遅れておりましたが、ようやく工事開始日程が決まり、これで早く工事が終了するといいんですが。それにしても、やっぱり築古は手間がかかるので、ある程度セルフするならば物件はやっぱり片道1時間、最大でも1時間半以内位にしないとシンドイです。横須賀は駅のすぐそばなので正味2時間位で行けるのですが、やはり乗り換えやタイミングなどをみると2時間半位は余裕をみるとかかります。やっぱり心理的にソレナリに遠いです。会社に行った帰りにちょこっと・・・ということは全く無理。都内の区分だと、会社帰りにちょこっと物を置きに行ったり取りに行ったりできるのとは全く違うのでしようがないです。

早く募集をかけられるレベルまで進みたいものです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。